ドラえもんを、親子で映画館に見に行ってきた。
1年生の長女曰く「粘土のドラえもん」
CGが粘土っぽく見えるらしい。なるほど。


さてこの映画、漫画原作のいろんなエピソードが、うまーく組み合わさって一つのストーリーになっている。
熱心なドラえもん読者なら、いろんなシーンやセリフで
「ああ、あのエピソードだな」と、懐かしさをかきたてられる構造になってる。

「今どきのいじめっ子はジャイアンみたいに暴力をふるうのか」とか、
「学校の先生がこんな髪型してたのっていつの時代だ?」とか、
長寿コンテンツゆえに2020年という時代に合わない部分も出てきているとは言え。

うまいこと「温めなおして」、新しいコンテンツとして成立させてる。


前作と合わせて「ドラえもんで最も泣けるエピソード」を網羅したことで、
自分の子ども世代と、「のび太のおばあちゃんはさー」と同じ話題ができるのは、スナオにうれしい。

涙腺は常時アイドリング状態でしたね(笑)



温故知新って習ったなあ。
「古きを温めて新しきを知る」


田楽座って、キホンそういう仕事だと思ってるんだけど、50周年とか節目のときは特にそうなる。
周年行事ではゼッタイ過去を振り返るし、それが新しい時代に進んでいく足場固めになる。

田楽座50周年の時には「まつり芸能楽 信濃」という舞台作品をつくったんだけど、
その時に、自分が目指す「温故知新」の在り方としてものすごーくヒントになったのが、


「キング・コング」(2005)



これ、スッゲー好きなの!!
もう15年も前だけど、映画館見に行ってガーン!ってなって。
メチャクチャ面白くてDVD手に入れて、しかもディレクターズカット版だから3時間以上あるんだけど、南海三鷹 ちがう何回見たか分からんくらい見たし、メイキングDVDも買って、それもすっごい内容濃くて、しかも作品作りの参考にもなって・・・・、



よくわからないと思うのでちゃんと説明しますね。

まず。キングコングは元々、1933年つまり戦前のアメリカ映画です。
もちろん白黒。
コングはいわゆる「人形アニメ(ヒツジのショーンみたいなやつね)」で。

その後、日本でもキングコング映画は作られたし、本国のアメリカでも1970~80年代にリメイクされて。
そのころには「コング」ってコトバ自体が「でっかいゴリラ」の意味になってたもんで、
ゲームウォッチで「ドンキーコング」とかあったじゃんねー、コングもののゲームって他にもいろいろ出てたんじゃないかな。
ゾイドの「アイアンコング」とか、懐かしいなー。


でも和製コングも米製リメイクコングも、時代設定とかはその映画がつくられた時代に設定されなおしてる。

ま、フツーのことだよね。
リメイクするとはそういうことさ。

それが、2005年になって公開された映画「キングコング」は、
オリジナルのキングコングが公開された1933年のニューヨークを舞台にした、
いうなれば「時代劇」として作られていたのです。


日本で言えば、
「シンゴジラ」が、昭和29年を舞台にした「ALWAYS三丁目の夕日」みたいな作品として作られたようなもの。

そう思うと、けっこうスゴいことのような気がする。大英断じゃないか。

よく制作にGOが出たなあ。


ガクブロアイコン


次回、12月30日(水)アップ予定。