「怪人二十面相」とか、「口裂け女」とか、そういう昭和の都市伝説的な怪談とか。
「三丁目の夕日」で、東京でも昭和30年代くらいまではキツネやタヌキに化かされた、とか。

藤子不二雄のSF短編集で、山ん中に実験都市があって、その都市が人間を食う、とか。
「のび太の鉄人兵団」で、(鏡面世界だけど)学校のウラ山にロボットが都市を作ってる、とか。

そういう都市伝説や、児童文学や少年漫画の世界って、
「日常生活のすぐ隣に “異界”がある」っていうの、定番だよね。
この、日常生活の中に「異界」が入り込んでる感というのは、東日本ならではの感覚の気がするのです。


うちの実家は愛知県だけど、なんか愛知県って「異界」感がゼロなんだよね。
世界は隅からスミまで人間の痕跡があって。
だから児童文学でよくある、日常生活の中にふと、「異界」が入り込んで、
ひょんなことから主人公が「異界」に入ってって、そこから冒険が始まって・・・
という余白が、なーんか愛知県って無さそうなんだわー。
西日本もそんな感じで。近畿地方とか九州とか、あんまりピンと来なくない?
どっすか、皆さん。


以下は岩手の話ですが。

獅子躍の庭本のご自宅が、なだらかな丘陵地帯の集落の、一番突き当りにあるので、
ご自宅から集落を見下ろすような形になる。

その見下ろした集落が、田んぼと田んぼの間に、左右から丘が犬歯状に食い込んでるような感じで。
田んぼ・平地エリアは人間界なんだけど、そこに食い込んでる丘エリアが「人間じゃない界」な感じなんですよ!
動物界というか自然界というか、タヌキとかトトロとか乙事主とか、そんな感じがするの。

で、山の方を振り返ると、そこに生えてる木々も、いかにも「植林されました」みたいなスギとかの単一の植生じゃなくて、いろんな種類の木がバラバラ生えてて、一本一本にキャラクターを感じるんですよ。
ヤナギの木が風を受けて、周りの他の木とは違う揺れ方をしてたりすると、「おおーあそこにモリゾーがいるぞ~!!!
って話、萌えません?

「遠野物語」とか「風の又三郎」とか、書いちゃうよね!
私にとって、東日本エキスが純化されたゾーンが岩手なんですよ!

宮澤賢治って、個人的にはそんなに好きではないんだけど、でもあの世界観はすごく引っかかる。
「異界」感ハンパない。


話は関東に戻って。
子どものころ読んでた児童文学の世界観が、そのまんま関東にはあるような気がして。
でもその「異界」感は、フィクションとしては面白いんだけど、自分にとってはリアリティ無くて、空想というかファンタジーだと思ってた。
それが関東に行くと、荒唐無稽じゃなくて「あ、ホントにありそう…」って感じるんですよ。

日本の首都は東京だし、人口も関東が抜群に多いわけだから、その感覚が児童文学に反映されるってのは分かる。

カブトムシ大百科だって、そういう視点で書かれてたわけだ。
「雑木林って、ねえなー」って、西日本の男子、思ってませんでした?


子どものころから、引っかかってた、ってほどでもないけど、
何だかいろんなことが、腑に落ちてきたのです。


#地理 #東日本と西日本 #異界 #児童文学 #藤子不二雄  #シシオドリ #太鼓 #田楽座
ガクブロアイコン



次回、12月2日(水)アップ予定。