つづき。

スポーツとか太鼓とかならまだ、動いてる体が外から客観的に見える。
じゃ、これが笛になったらどうだろう? 口の中がどうなってるかは見えないし、息も透明だから見えない。
さらに、歌になったら? 声帯の中、つまり内蔵のことだから、ホントにわからない。


唄がうまくなりたくて、ひところボイストレーニングについてかなり調べてみたんだけど、
ボイストレーニングの世界はかなり混乱しているそうな。

それはやっぱり講師が、自分の成功体験に立脚して指導しちゃうから。
ボイトレ本とか「こうすれば歌が上手くなる!」ってヤツもそう。


声帯もたくさんの筋肉とかの集合体だから、
この人は声帯が長いとか、
この人は声帯内のどこの筋肉が弱いとか、
この人はA筋とB筋の連動が悪い、とか、人によって傾向が違う。
傾向が違えば、当然とるべき対策も変わる。

これ、声帯を身体に置き換えるとわかりやすい。バレー選手に例えると
この人は身長が足りないとか、
この人は腕の筋肉が弱いとか、
この人は上半身と下半身の連動が悪い、とか、人によって傾向が違う。
傾向が違えば、当然必要なトレーニングが変わる。

身長が足りない人はまずジャンプ力、とか。
腕の筋肉が弱い人は筋トレ、とか。
上半身と下半身の連動が悪い人は・・・上手な人の動きを見てイメージをコピーする、とか
それぞれに必要なトレーニングがあるだろう。

ボイトレの場合はどうか?
指導者と同じ喉のつくりだったり、同じ課題を持っている生徒なら、指導者の成功パターンをたどればいい結果になる可能性は高い。

でも声帯の長さは人によって違うし、声帯を取り囲む様々な筋肉の、それぞれの強さのバランスや、使い方のクセや器用さも、人によってすべて違う。

ところが見えない体の内部の小さな世界のことなので、最初に言った「アタックが決まらないのはジャンプ力が足りないからなのに、ひたすら腕の筋トレばかりやらされる」といったことがまかり通るらしいのだ。


#実用 #ワークショップ #指導 #スポーツ #ボイトレ#太鼓 #田楽座
ガクブロアイコン



次回、11月18日(水)アップ予定。