2020年12月

この2005年版「キングコング」が、すっごいオシャレなんですよ!(以下の段落読まなくても可)世界恐慌時代のニューヨークが、壮大なセットとCGの見事な融合で再現されて、映画監督が趣味のゴリ押しでスポンサーにハッタリかまして映画製作できる時代。海の向こうにはまだ ... もっと読む

ドラえもんを、親子で映画館に見に行ってきた。1年生の長女曰く「粘土のドラえもん」。CGが粘土っぽく見えるらしい。なるほど。さてこの映画、漫画原作のいろんなエピソードが、うまーく組み合わさって一つのストーリーになっている。熱心なドラえもん読者なら、いろんな ... もっと読む

  「カッコよさ」の同心円民族文化とか伝統文化には、現代文化とは少し評価基準がズレた「カッコよさの同心円」みたいなものがあって。同心円の真ん中らへんが「超カッコいい」、そこから外へ行くほど「まあまあ」「フツー」「おダサ」、と評価が下がっていって、一番外側が ... もっと読む

  「ドッコイ」はカッコいいのかダサいのか?日本の民族音楽って、現代音楽の間に挟まれると、どうしてもネタっぽくなっちゃう。能楽の「イヨォーーっ、ポン!」とかネタっぽくない?あれ能楽として聞いてたら渋くてカッコいいのに、現代音楽の中に挟まれるとネタにしか聞こ ... もっと読む

さあー、今回は思い込みと偏見の嵐だよー。東日本、それも太平洋側って、日本にとってのフロンティアなんじゃないかな。栃木とか、なんとも言い難い「寂しさ」を感じるのですよ。平野がめちゃくちゃ広くて、果てしない感じとか、異界スポットがそこかしこにあって迷子になり ... もっと読む

↑このページのトップヘ